2019年5月8日水曜日

【東海近世文学会5月例会(第285回)】

日 時:令和元年5月18日(土)15時~17時 
場 所:熱田神宮文化殿2階会議室

プログラム: 
・研究発表「木村三四吾氏旧蔵『小桜昔物語』をめぐって
        ――文学ジャンルを如何に決めるか?――」 
          服部 仁 氏(同朋大学特任教授) 

・輪読『噺山科』「十日のやしろ」 
          後藤 あや 氏(名古屋大学大学院博士後期課程) 

【今年度の例会開催予定】 
今後の例会予定日は6月22日(土)、7月 6日(土)です。
会場は、6月は熱田神宮文化殿2階会議室、
7月は愛知学院大学名城公園キャンパスです。
9月、10月、12月、1月は日時・場所ともに未定です。
決定し次第、ご連絡致します。

【例会中止基準】 
午前10時に愛知県、三重県、岐阜県美濃地方の 
いずれかの地域に暴風警報が発令されている場合、 
その日の例会は中止とします。 

2019年4月17日水曜日

【東海近世文学会4月例会(第284回)】

日 時:平成31年4月27日(土)14時30分~17時
場 所:鶴舞中央図書館第1集会室 

プログラム: 
・研究発表「安政の大地震と川喜田石水の情報網
           ――石水博物館蔵『はなしの種』について――」
                   吉丸 雄哉 氏(三重大学人文学部教授)

・研究発表「甫庵『信長記』寛永元年版の版下について
           ――片仮名活字本利用の実態――」 
                   柳沢 昌紀 氏(中京大学文学部教授) 
・総会 

【今年度の例会開催予定】
今後の例会予定日は5月18日(土)、6月22日(土)、7月 6日(土)です。
会場は、5月、6月は熱田神宮文化殿2階会議室、
7月は愛知学院大学名城公園キャンパスです。
9月、10月、12月、1月は日時・場所ともに未定です。
決定し次第、ご連絡致します。 

【例会中止基準】
午前10時に愛知県、三重県、岐阜県美濃地方の
いずれかの地域に暴風警報が発令されている場合、
その日の例会は中止とします。 

2019年2月17日日曜日

【くずし字に関する出前授業のお知らせ(会員情報)】

名古屋大学教育学部附属中・高等学校では、 
日本近世文学会と協力して、くずし字に関する出前授業を行ってきました。 
今年度も、以下の日程での開催を予定しております。 
学会関係者・教育関係者などで参観を希望される方は、 
3月14日(木)までに、加藤弓枝もしくは三宅宏幸にご連絡ください。 

日程 
・中学生対象 3月18日(月)11時50分から 

連絡先 
加藤弓枝:kato-yu(at)tsurumi-u.ac.jp 
三宅宏幸:h-miyake(at)jps.aichi-pu.ac.jp 
※(at)は@に置き換えてください